ホーム > 仏事の豆知識 > 法事について

仏事の豆知識            〜目次〜

■法事について ■お盆について ■お彼岸について
■お香典について■水引と表書き

  仏事の豆知識

法事について

一般に『法事』と言っていますが、 厳密に言いますと『法要』とはお寺のご住職にお経を上げて頂くことを言い、 法要とその後の食事も含めた行事を『法事』と言います。 法要は、故人があの世でよい報いを受けてもらうために、この世に残された者が善行(お寺様を招いて読経)をし、その功徳で故人を供養する追善供養の事で、 一般に『法事』と言われています。 故人を偲び冥福を祈り、供養する為に営む事です。 仏教では法要を行う日が決まっています 死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要と、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などの年忌法要です。

四十九日・忌明け法要
四十九日は、初七日から七日ごとに受けた裁きにより、来世の行き先が決まるもっとも重要な日とされ、「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれます。
故人の成仏を願い、極楽浄土に行けるように、家族や親族のほか、故人と縁の深かった方々を招いて法要を営みます。
この日をもって、忌明けとなるので、法要後、忌明けの会食を開きます。 忌明けの法要は、命日から49日目の忌日の当日に行いますが、さまざまな都合もあり、最近では週末に営む事が多いようです。 法要の日をずらす場合は、遅れてはいけないとされています、忌日より早めに行うようにします。 日時が決まったらお寺様に法要のお願いをし、親戚や故人と縁の深かった人などに案内状を送ります。



命日供養
毎月、故人の亡くなった日を命日と呼び、亡くなったその月の命日を祥月命日といいます。
命日・祥月命日にはお仏壇に花や果物をお供えしロウーク・線香を焚いて、家族揃ってお参りしたいものです。



年忌法要
亡くなった翌年の祥月命日を一周忌といい法要を行います。 その後は三回忌、七回忌、十三回忌・・・に法要を行います。
年忌法要は命日に行うものですが、最近では皆さんが出席しやすいように土・日曜日に行うこともありますが、その場合は命日より前に行ないます。 また同じ年に年忌法要が重なる場合、一度に行なってしまう場合もあります。

年忌早見表


弔い上げ(とむらいあげ)
一般的には三十三回忌で年忌法要を終え、永代供養とすることが多いようです。
最後の法要を「弔い上げ(とむらいあげ)」といいます。 また、年忌法要を打ち切るということで「年忌止め」ともいいます。 五十回忌で年忌止めとする場合もあります。
弔い上げは御祝いの意味もあり料理は精進料理を使わず、肉や魚も食されます。また、引き出物は赤の水引を使います。



法要の日程の決め方
法事は命日の当日に行うのが理想ですが、実際には参列者の都合もあり、最近は週末に行うことが多いです。必ず命日より早めの日に行うのが慣わしです。





法事の引き出物で知っておきたいマナー


法事の引き出物について
法事に参列してくださった方へ、お礼の気持ちを込めて手渡すのが法事の引き出物です。昔は様々なしきたりがあった法事の引き出物も、最近では比較的自由にその内容が決められるようになっています。 特に消耗品でお受取りになる方の好き嫌いが比較的少ない品、お茶や海苔、または洗剤などが人気があります。最近ではカタログからお好みの品物をお選びいただく「カタログギフト」なども人気があるようです。
法事の引き出物の金額は特にいくらと決まっているわけではありませんが、一般的には3000円〜5000円といった相場といわれています。

法事の引き出物ののしは、黒白または双銀の結びきりの水引に表書きは「志」「粗供養」などとし、下段には施主名や「○○家」という喪家の姓を記します。四十九日法事の引き出物には黒白結びきりの水引に「志」などと書きます(地域によって異なります)。
三回忌以降は青白、黄白の結び切りとします。のし書き見本
お経をあげていただいた住職へのお布施の表書きは「御布施」とし、「御経料」や「御礼」とは書きません。半紙に包むか、白封筒に入れ水引は掛けません。また、相手に不幸があったわけではないですので、不祝儀袋(ぶしゅうぎふくろ)は使用しません。

法事の引き出物は、通常会食の最後に渡すことになります。手渡しをする場合は、僧侶から順に渡していきますが、最近では料亭やホテルなどに場所を移して会食が行われることも多く、あらかじめ席にセットしておく場合もあります。 法事に参列して頂かなかった方でも、お供えなどを頂いた場合は後日、法事が無事執り行われたご挨拶もかねて、引き出物を持参もしくは郵送するようにします。



引き菓子について
引き菓子は列席者へ引き出物と一緒に持ち帰っていただくお菓子のことです。お膳のお裾分けの意味があり、列席者が帰宅後、家族と分かち合うためのお土産的な意味合いがあり、引き出物と一緒にお付けするのをおすすめします。 引き出物と引き菓子を合わせて3〜5品用意する地域もあるようです。


ページトップへ戻る

Copyright (c) 2004 OHTAYA CORP. All Rights Reserved.