トップページ > 神棚「焼納祭」

神棚「焼納祭」Kamidana-syounousai

〈〈一覧へ戻る〉〉

神棚「焼納祭」Kamidan-syounousai

 


古祠焼納祭(どんど焼き)

御神木の里として知られる中津川市付知町にある護山神社では、
毎年5月3日に古祠焼納祭例祭が取り行われます。

地元はじめ全国から寄せられた古い神棚をお祓いし、
焼納する神事です。

この神事では、宮司が焼納した灰を土に返し樹木の再生を祈る
『清灰奉還(きよめばいほうかん)』というというめずらしい儀式が行われ、
自然のリサイクルを取り入れたこのような神事は全国でも希少な神事です。

この護山神社は伊勢神宮の遷宮の折に御神木を奉納する神社でもあり、
神棚が故郷に帰り焼納されることは誠に感慨深いものと言えます。

尚、焼納は神棚に限らず御礼、お守、神具等神事に使われていたものは
受け付けてくれます。

 

サンプルイメージ ここは御神木の里
「護山神社」(もりやまじんじゃ)の境内
 
サンプルイメージ 毎回200を超える神棚が
全国から集まります。
サンプルイメージ 古い神棚と社へ感謝の意をこめ
祝詞奏上。
サンプルイメージ いよいよ
お焚上げの始まりです
サンプルイメージ 清灰奉還 (きよめばいほうかん)
焼納した灰を土に返し樹木の再生を祈ります。
 

古祠焼納祭
日時:毎年5月3日
場所:岐阜県中津川市付知町 「護山神社」
料金:別途頂戴いたしております。


当社では、古くなった神棚や御札を、お取引先を経由して焼納させていただいております。
お気軽に、お問い合せ下さい。

 

Copyright (c) 2004 OHTAYA CORP. All Rights Reserved.